テーマ:サッカー

サッカー男子 エジプトに3-0 完勝で44年ぶりの準決勝へ ナイスゲームでした!

マンチェスターユナイテッドの本拠地 オールドトラッフォード 大昔、45年くらい昔にテレビ東京のサッカー番組で イングランドのサッカー中継でジョージベストとボビーチャールトンの マンチェスターユナイテッド 赤い悪魔のスタジアムに今年は 香川だ入団して、さらに日本代表が試合をするとは 日本テレビで明石屋さんまが興奮して、意味のわか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィンブルドン開幕 ジョコヴィッチは上々のすべりだし

夏のヨーロッパはスポーツ真っ盛り。 EUROはベスト4が出揃った。朝4時からの試合は 魅力的なカードが多いが、ここで変に早起きして 体調を崩したくないというのもあり。 スペインVSフランスは気になって起きたのがちょうど スペインがPKを取って2-0としたところで安心して 2度寝。 今朝は5時に目覚めたが イタリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本  2-0 アゼルバイジャン

アゼルバイジャンの国歌の始まりと終わりが アゼルバイジャンと 連呼して、耳にタコができて、たぶん試合会場の観客がそう言って るんだろうなあと 思えるくらい ゆるい感じの親善試合。 ドイツの名ディフェンス フォクツが監督なだけで、選手の誰も 知らないし、試合中も??っていうほど目立つプレーヤーは いなかった。 とはいえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なでしこジャパン 決勝はアメリカ

ドイツに勝ったことがすごいんですが、スェーデンにも ミスで先制されても慌てず、嫌なところに早めにフィードして サイドから崩して、ドリブルもするし。 確かに海外のメディアでも言われているようにバルセロナのように パスがつながる。 お気に入りは左サイドにいる 鮫島 彩 なんかボールを持っているリズムが いい。ちょっとだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なでしこジャパン 完全アウェーでドイツを破りベスト4へ

地元、開催国の強豪ドイツ相手にどこまでやるかと案じられたが。 たまたま夜中に風が止まって水を飲みに起きて、テレビをつけたら なでしこジャパンとドイツ 片方ではブラジルとパラグアイの NHKのなでしこぱタイム。 なでしこ中心に見る事にした。体格で圧倒的に勝るドイツは序盤から 優勢に進める。ただし、開始早々にDFがひざの怪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3Dで ワールドカップ決勝のダイジェストを見ました。

先日、打ち合わせまで時間が空いたので 銀座SONYのショールームに 立ち寄って BRAVIAの3Dで 2010ワールドカップの決勝 スペイン オランダのダイジェストを見ました。 シュートがゴールを外れて手前に寄って来たり カメラの方向に対して遠近が強烈につくものの 臨場感は凄いです。 そこで見ているというほどでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メディアセンターはこれから大騒ぎ #wc2010

2002年の横浜決勝で IT ボランティアをしていたので 決勝戦の裏側はなんとなく理解できる。 http://blog.roberto-system.jp/200506/article_13.html メディアセンターはたぶん大騒ぎ 2002年はまだ FAXや電話で原稿をやりとりしている記者がいたが。 今はほとんど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イニエスタが決めた。 #esp 初優勝 #worldcup #wc2010

レッドカードで1人足りなくなったオランダは逃げ切りでPKへの 流れに持ち込みたかったが動きに勝るスペインがイニエスタの シュートで1-0 足も止まって体が重いオランダに取ってはこの1点はちょっと重い。 パス回しのジャブがさすがに効いてきてる。 スペイン初優勝! パスサッカーの勝利 日本もここを目指したいですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#2010wc 決勝 #ned VS  #esp 0-0 延長へ

ロッベンが決定的なチャンスを逃す。 完全にGK カシージャスと 1対1になったが 先にフェイントをかけて倒れた反対を狙ったが さすがにカシージャス つま先でそれをはじきだした。 その後もロッベンはもう一度チャンスがあったがプジョルの粘っこい 守備に体の自由が効かずに逃す。 スペインはセルヒオラモスがヘディングをフリーで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#2010wc 決勝 オランダ VS スペイン 前半終了

オランダがオレンジで スペインはブルーのユニフォームでスタートした 決勝戦。試合前の雰囲気、体の動きはスペインの方が良さそう。シャビアロンソなど 良くウォームアップできているように見えた。 出だしは シャビアロンソからの縦へのくさびのパスが自由に入って スペインのペース セルヒオラモスのヘディングなどチャンスも多くあったが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本代表的 経営の研究 0 (JAPAN BLUE MODEL)

今日、A印刷のY社長が社員を連れて、弊社の見学に来た。 ペーパーレスやワークライフバランスを目指してくれるという話の中で 営業がいなくて、総務・経理にも人をおいていない という引き合いに サッカーでのPOLYVALENTを出して話した。 今回の代表では阿部勇樹がいい例だが アンカー、ボランチ、DF 司令塔 たぶんFWも行け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワールドカップ2010 決勝は スペイン VS オランダ

オランダはやはり組織と個人のバランスがすばらしい。ロッベン スナイデルの活躍で 3-2とはいえ力で押し切った。 スペインは 守りに徹してつまらない前半をなんとか粘ってコーナーからの プジョルのヘディングで1-0で逃げ切った。ドイツはまったく良いところがなかった。 守備的な指示に選手がモチベーションを下げたのか あまりにも見る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オランダ ウルグアイ 前半 1-1

98年 フランスワールドカップ リヨンでジャマイカに負けた後 自力で ストイコビッチのいるユーゴを見ようとモンペリエ (ペリエの町)に車で移動して ダフ屋(というか普通の人たち)から 倍くらいでチケットを購入して試合を見た。 ただし、ユーゴは2-0で勝っている試合でGKがダラダラと リフティングなど観衆の怒りを勝って (相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本 VS パラグアイ システム変更がもたらすもの

日本の快進撃はまだ続きそうで パラグアイにも いけるんじゃないかと いう気がしている。 それにしても 開幕前 4連敗、それ以前と この大会と何がどう違うのか 自分なりに整理してみた。 一番の違いは 中村俊輔 彼がいないので そこにパスを出して組み立てる 10番というポジションに 対しての尊敬? (いらない世話?)がな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本 3-1 デンマーク

前半 フリーキックで本田の無回転が若干左に切れながら ゴール左隅に決まり先取点 さらに遠藤と本田が用意して遠藤がキーパーの逆を ついて右のアウトで右隅に決めて2点目 後半もカウンターでかなりシュートは撃つが決めきれない と思っていたらデンマークのシュートがバーに当たって 嫌な感じと思ったら長谷部がファウルを取られてP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワールドカップ 南アフリカ大会 ここまで

ワールドカップ 南アフリカ大会 治安の不安さや 遠いということで フランス大会から続いていた 観戦はTVということに。久々に夜中の試合のため 録画でのチェックが多い。 印象的なシーンは 韓国 パクチソンの得点シーン。 今大会のボールがなんか跳ねるのを感じていたか あるいは相手のセンターバックが下手と読んだか 横パス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本 アウェーで初勝利 ワールドカップ 南アフリカ大会

日本 1-0 カメルーン ボランチ 長谷部、遠藤を中心に 右に松井 左に大久保を おいて 本田の1トップ センターバック2枚の 前 つまり ボランチの底に阿部をおいた4-3-2-1の 布陣で右サイドを中心に相手の守備を崩していった。 遠藤、松井、長谷部で良くキープできるので 相手に取られてもその時点で体制ができていて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本 VS イングランド 1-2 負けはしたけれど

韓国に2連敗など 仕上がりでボロボロ 連携も全くなくて どうなのと 期待薄になっている ワールドカップ 南アフリカ 日本代表。 昨晩のイングランド戦を うつらうつらしながら見ていた。 いきなりのツーリオのセットプレーからのゴールで 目が覚める。そんな一発。 守備は不安定だが攻めるのは 大好き。そんなゴールだった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカー 日本代表 23人選出される。

jfa_samuraiblue 2010FIFAワールドカップ南アフリカ 日本代表メンバー GK: 楢崎、川島、川口 DF: 中澤 闘莉王、今野、岩政、駒野、長友、内田 MF: 中村 俊輔、遠藤、中村 憲剛、稲本、阿部、長谷部、本田、松井 FW: 岡崎、玉田、大久保、森本、矢野 結局、3連覇の鹿島からは2人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本代表 VS セルビア 

あれだけ守備が破たんしていると、どうやってここから再建するのは 難しそうだと思う。そんな試合でしたね。光明は石川くらいで。 なんで3連覇の鹿島中心に組み立てないのか不可思議な岡田采配。 おそらくデイフェンダーにトゥーリオが入ってくるんだろうけど 大きくモーション取らないと蹴れないDFは珍しい。あれだけ不器用で その癖、すぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「1999.04.26 バックナンバー ユースの思い出 ワールドカップユース99 日本 祝準優...

「1999.04.26 バックナンバー ユースの思い出 ワールドカップユース99 日本 祝準優勝 」について 99年ワールドカップ ユース決勝 スペインにボコボコにされた試合のふりかえり。ちょうどスポーツ雑誌 ナンバーが30周年で思い出しました。世界との戦い方は変わっていないはず。南アフリカでも。 http://blog.roberto…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカー 名波浩 引退試合 TV観戦

BS TBSで昨日の夕方、名波 浩の引退試合を生放送 カズ、ゴン、中田(英)、秋田、山口などフランスワールドカップの頃の 日本代表 VS ジュビロ磐田の設定で 名波は前半 日本代表でパスを まわして、後半はジュビロに 途中でサッカーの話題では宝庫だがスパイクをはいて芝に立つのは 初めてという土田(ツッチー)やナインティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャンピオンズリーグ決勝

この時期になるとついつい早起きして録画もしてるのに やはりライブでスポーツを見てしまうことが多い。 それで体調を崩したりするからアホなんだけど。 今朝も目が覚めたら3時でトイレ行って、水飲んで TVをつけたらスカパーの放送が始まっていた。 ワールドカップサッカーにとって代わるかもしれない 世界最大のイベントになり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロンドンからミュンヘンまでの間

2006年のメモです。UPしていなかったので ドルトムントで日本の敗戦を見てからそのままブリュッセル経由で ユーロトンネルの列車でレンタカーごと移動。 ロンドンに入ってウィンブルドンを観てナブラチロワの ショットに感激した後再びユーロトンネルを抜けてフランスに 入り、適当に宿をARRASというところに取ったらそこが UN…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EURO2008 ここまで見て

小型版 ワールドカップ ヨーロッパだけでもなくて燃え上がるユーロは今年も面白い。ローランギャロスを見に行っていたので開幕からしばらくはフランスで6時に最初の試合 8:45に第二試合という放映を生で見られて良かった。オランダの イタリア、フランスをボコボコにした試合や ポルトガル、スペインの活躍は世界のファンを魅了したに違いない。だけどそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュワインシュタイガー先制+オウンゴールさらに追加点 3-0ドイツ リード

3位決定戦 ドイツVSポルトガルは攻めあいの末 シュワインシュタイガーがミドルシュートを決めて1-0. 彼は6月の日本VSドイツで加地を削って初戦を 駄目にした張本人。意地の得点っていう感じか。 それにしてもこういった中距離シュートでも必ず アウトサイドからカーブをかけている点が見逃せない。 日本のサッカーに足りない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3600kmのドライブを終えて

結局ドルトムントからロンドンさらにそこからミュンヘンへと 3600kmを超えるドライブを終えてルフトハンザで昨日の 午前中に帰宅しました。 6/30のロンドンからミュンヘンまでは5日の試合に 間に合えばいいという適当なスケジュールだったので 行きと同様にユーロトンネルを抜けた後、フランスの 快適な高速を利用してアラーで一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉田のゴール

日本の最後の得点 寸前のシーン。 将来への希望はこのシーンがしめている ような気がします。ブラジルのDFをスピードで正統派の攻撃振り切る日本。 守るよりは攻撃。絶対に将来の日本への道筋はこれです。サッカー協会の 選択はこれ?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more