テーマ:ウィンブルドン

ロジャーフェデラー ロンドンオリンピック決勝へ 4時間半のバトルを制して

ロンドンオリンピックの男子テニスの準決勝 ロジャーフェデラー VS ホワンデルポトロはセット目のタイブレークを 追いついてファイナルは19-17の大接戦。 NHKの放送も第三セットの途中くらいからがほとんど。 デルポトロもさすがにストロークだけでなくて前に出て プレッシャーをかけるが、じょじょにパワーダウン。 体力維…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ロジャーフェデラー タイガーウッズ どちらが偉大? 真のライバルはこの2人!」について

「ロジャーフェデラー タイガーウッズ どちらが偉大? 真のライバルはこの2人!」について しばらくタイガーを見失っていたら、復活していくつか記録も達成していて。この二人が真のライバルでゴルフ、テニスにプレーヤーはいるけどたぶんちょっと違うのかなと思います。 それぞれの別のジャンルでタイトル獲得数で競うって少し馬鹿だし、でも凄い。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロジャーフェデラーにNikeから贈られた箱の中身

http://insider.nike.com/us/shoes/nike-zoom-vapor-rf-287-3714/ ロジャーフェデラーにNikeから贈られた箱の中身はやはり NIKEのTENNIS SHOES VAPORの特別仕様でしたね。287足 ナンバリングされて、すべてにロジャーのサインが入るとか。 しばらくは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謎の箱! 中身は月曜に

No.1 在位記録を月曜日に達成するロジャーフェデラーに スポンサーのNIKEから謎の箱が。 月曜まで開けないように言われているそうです。 中身はなんだと思いますか? 玉手箱? ではなさそうです! ロジャーフェデラーの公式サイトから。 私の予想は黒と金のSHOES! どうかな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィンブルドン ファイナルのターニングポイント 10回のデュースのシーンの3

No.1在位記録単独トップまであと3日? いよいよですね。待ちに待った瞬間がもうすぐ。 さて、6回目のデュースから 6th Deuce マレーの1stサービスはボディーにロング。2ndはセンターに緩いスピン。ロジャーはスライスでマレーのバックに緩いリターン。マレーは低い位置からバックでクロスに強打。ロジャーはなんと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィンブルドン ファイナルのターニングポイント 10回のデュースのシーンの2

2度目のデュースから6度目まで ゲームの流れは一進一退 2nd Deuce マレーのサービスはボディー。ロジャーはバックでなんとか受けるがマレーのフォアへ浅いボール。これをマレーはストレートにアプローチしてネットへ 若干浅いボールをロジャーはバックのスライスでクロスへロブ。ちょっと踏み込みすぎていたマレーはスマッシュを試み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィンブルドン ファイナルのターニングポイント 10回のデュースのシーンの1

メモとして記録してみようかと。 見ているときは最後の決まった瞬間しか、覚えていないが1ポイントずつ 抑えておくと勝敗の流れは二転三転しているし、それぞれに意味のある ショット、プレーは多い。 ロジャーの勝利には神風みたいな突風がつきものだったが屋根が 閉まっていrのでそれはなくてジョコヴィッチにもマレーにもネッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ウィンブルドンミュージアムの優勝カップ」2006年のバックナンバー

「ウィンブルドンミュージアムの優勝カップ」について 今年もロジャーがこのカップを掲げたのでミュージアムに行った事を思い出しました。2006年にできたばかりに行って。やはり間近で見られるのは感動ですね。テニスに関するミュージアムとしては一番きれいで充実していると思います。もしロンドンに行かれる際にはお立ち寄りください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記録破りのロジャー No.1記録タイ

NikeがFacebookでキャンペーン。No.1在位期間286週 ピートサンプラスに並んでタイになってます。 単独No.1までのカウントダウン開始です。(下のキャッチの訳です。) Today is the day Roger Federer ties the record for the most weeks at #…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロジャーファンのみなさん 良かったですね!

このブログは基本的にテニスネタしか、それもほとんどロジャー中心なので 彼の活躍でページヴューが変わります。昨日も顕著。 昨日までのPVご覧に入れます。 ロジャーへの期待がうなぎ登りに! 優勝して良かったですね。 いつもご覧いただきありがとうございます。さて、ここからは No.1更新とロンドンオリンピックで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロジャーフェデラー ウィンブルドン優勝 勝利を分けた第三セット6ゲーム

マレーが先行、ロジャーが追いついた第三セット。これを取るかどうかが 勝敗の分かれ目。1-1、ロジャーの40-0で激しい雨になり 屋根が閉まった。 ロジャーはインドアは滅茶苦茶強い。精密機械というあだ名はスイス生まれの 精密な時計になぞらえている部分もあるのだろうけれど、実際インドアの風の 影響が無い大会の勝率は高い。昨年の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロジャーフェデラー ウィンブルドン7回目 グランドスラム17回目の優勝

ジョコヴィッチを下し、満を持して決勝に臨んだロジャーフェデラー アンディーマレーの出だしが良くて1セット目は落としたものの 2セット目からスライスを多用し、フォアでも打ったり アンディーマレーを振り回す。結果としてドロップショットを 追いかけて滑ったり 2回ほど転倒、その影響で後半足が止まり サービスもショットもパワーがな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロジャーフェデラー VS アンディーマレー ウィンブルドン決勝

ウィンブルドン6勝のロジャーと初の決勝 さらにグランドスラムに まだ勝った事の無いアンディー とはいえ、コーチにイワン・レンドルを迎えて グランドスラム決勝の心構え、調整などは聞いてはいるだろうけれど。 この二人の対戦はストロークの緩いペースだとロジャーが少し急ぐ テニスになりミスが出てアンフォーストエラーがエースより多くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ロジャーフェデラー2012年のロンドンオリンピックまでプレー」について

「ロジャーフェデラー2012年のロンドンオリンピックまでプレー」について あれから3年。あっという間にその時期が来ましたが。とはいえ、まだまだ高いレベルでプレーしているロジャーの向上心には感心します。まさかとは思いますが、もしかすると最後のウィンブルドン きちんと見ておきたいと思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロジャーフェデラー NO.1の座をかけてジョコヴィッチにチャレンジ

ウィンブルドン2012 ラファが早めにいなくなって残り3人の争いに 結果的に ロジャーはノールと準決勝で世紀の決戦に 英語ではEPIC 芝では初めてだということでロジャーの スライスをどれだけジョコヴィッチがこなせるか。 というか、ロジャーがどれだけ体調を戻してサービスの確率が あげられるかのような気もする。ストローク戦に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノヴァクジョコヴィッチ ウィンブルドンも制す

今年、1敗 それもローランギャロスで神がかった(元々 レベルがとんでもないのに)ロジャーフェデラーに敗退しただけ。 ラファエルナダルとの決勝戦。最初から落ち着いてサービスで 押して、ストロークで振り回して。ナダルがたぶん足が戻ってないのも あるでしょうけれど。 それにしても、1セットは落としたものの、ほぼ圧勝だった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロジャーフェデラーは順当に3回戦通過

あっという間に フレンチが終わり、ウィンブルドンに。 最近はFacebookにコメントが多くてどうしてもブログに 書き込む量が減っている。ブロガーの人たち全般そうなのでは? そうでもないのかな? お暇な方はhttp://www.facebook.com/roberto.hoshino チェックしてみてください。 さて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラファエルナダル ウィンブルドン 2年ぶり優勝

昨年は膝の怪我で欠場した No.1 ラファエルナダルが ロジャーフェデラーに勝って上がってきた トーマスベルディッヒに 3-0と快勝。昨年の雪辱を果たした。 今年は晴天続きでパンパンのウィンブルドン イレギュラーもあるが クレーみたいな感じもあって。 最初からサービスが好調のナダルと 1stが入らないベルディッヒ 競…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロジャーフェデラー ランキング No.2以下へ

ウィンブルドンベスト8で敗退したロジャーフェデラー 全仏と連覇した昨年とは一転 ポイントを大幅に落とす事に。 結果として2003年11月以来のランキングNo2以下に 滑り落ちる事に。 今年は全豪で優勝して以来、病気、故障などが続いて ついにランキングも。 年齢的な疲労もあり、じっくり休養して試合を絞って ランキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロジャーフェデラー ウィンブルドン 敗退 2010

7回目のウィンブルドン優勝 記録更新を目指していた ロジャーフェデラーが トーマスベルディヒに 6-3, 3-6, 6-1, 6-4で敗退。 試合開始直後はサービスの確率も高く 調子が良さそうに 見えたがフォアハンドのミス(ネット)が多くストロークで 押される展開。2セット目は取ったもののじょじょに サービスの確率も下が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィンブルドン テニス 男子ベスト8決まる。女子はベスト4

アンディーロディックがルーにフルセットで負けた以外はほぼ順当 優勝記録を狙うロジャーフェデラーは ベルディッヒと ジョコヴィッチがルーと ナダルがまたまたロビンソダーリング この打ち合いは見物 コートの早さから考えるとソダーリングが有利。彼のサーヴィス次第 ナダルのサーヴィスだとちょっと辛いかな。 ツォンガと地元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超マラソン テニス アイズナーが70-68で勝利

なんだか 本当に凄い テニスの長時間記録 結局昨日の59-59からさらに 普通の2セット分くらい 上積みして 最後アイズナーが逃げ切った。70-68 これゲーム数 ポイントではありません。 記録で見ると負けたマウは 予選から勝ち上がった最後の試合も 24-22とすごいファイナルセットを抜けてきているので トータル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィンブルドン アイズナー59-59 マウ 日没サスペンディドに

アイズナーはもう疲れて体がだるそうにプレーしているが 一方のマウはまだ体が切れている。 どういう肉体なんだろう。このゲームだけでそろそろ7時間 合計で10時間近いプレー。 マッケンローやヘンマンも見に来ている。 記録破りであるのは間違いないが、この分だと日没サスペンディド 明日にもつれこむ気配も。 昨年の決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィンブルドン フルセット 58-57ゲームって!

長身 アメリカのアイズナーと マウの試合 2-2 フルセットの後の数字が なんと 今、58-58に このゲームだけでそろそろ7時間に 裏ではワールドカップで ドイツがガーナを1-0で リード 一方ではオーストラリアがセルビアに1-0でも まだ残り20分 ここからドラマが 4年に1度のこのダブりはチェックだけでも大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ロジャーフェデラーの ロビンソダーリング対策 USOPENでも」について

「ロジャーフェデラーの ロビンソダーリング対策 USOPENでも」について ついに全仏では この対策も通用しなかったですね。全米でのデルポトロ同様、ストローカーはさらに強烈なフォア、バックでテクニックを封じてきます。さて、ロジャーはここからどんな手で対抗するのでしょうか? さらに前に行けるのか。錦織のテニスの将来も見えるかも。楽しみなウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロジャーフェデラー ソダーリングに敗退

ディフェンディングチャンピオン ロジャーフェデラーが昨年決勝で 対戦した ロビンソダーリングに 6ー3、3ー6、5ー7、4ー6と逆転負け ソダーリングはロジャーに12回で初めて勝利 1ー1からの第三セット 5ー5 30ー15からの雨の中断で リズムが崩れたロジャーはソダーリングの強烈な フォアハンドとサービスに押し切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロジャーフェデラー ウィンブルドン 優勝 翌日のインタビュー 2

オーストラリアでナダルに対して5セット目で敗退した後、フェデラーは、インディアンウェルズでのBNPパリバオープンで3セットでアンディ・マレー6-1で敗退。再びマイアミでのソニーエリクソンオープンで3セットでノヴァーク・ジョコビッチに負けました。ファイナルセットに弱いというのがスランプの原因であるのは明らかでした。 “何が変わったか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロジャーフェデラー ウィンブルドン 優勝 翌日のインタビュー 1

これはESPNの記事。 TIME誌もこの翌日同様にインタビューしているが イギリスの新聞らしく形容詞が多くて読みづらいので、こちらを まず半分です。 Kamakshi Tandon is a freelance tennis writer for ESPN.com. 太陽はまだ空に輝いていた。日曜日のウィンブルドンでの歴史…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビヨルンボルグ ロジャーフェデラーを語る。

サンプラスに続いてビヨルンボルグのロジャーフェデラー評 ボルグも11回のグランドスラムを達成している。 彼も史上最高のプレーヤーがフェデラーであると 信じている。 ”彼はキャリアグランドスラムを達成して、おそらく可能な すべてのシングルスの記録を破っている。現在のツアーが とても、とても過酷な事はみんな知っている。そして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more