錦織圭 シーズンファイナル 準決勝へ

ロンドンjでのツアーファイナル ラウンドロビン3試合目

ラオニッチの怪我で相手がフェレールに代わってさらに第一セットを
スマッシュミスで4-6で落とした錦織は ここから前で攻める
良い時のパターンでサービスも決まりフェレールを前後左右に
振り回して2,3セットを取って逆転勝ち。続くフェデラーVSマレーで
フェデラーが1セット取れば準決勝進出が決まる。

そのフェデラー VS マレーは出だしからフェデラーのペース。
サービスもボレーもストロークもほぼ完ぺき。一方のマレーは
錦織戦なみのミスの多いプレーで0-3,0-4あたりでは
自分の準決勝進出の可能性が無くなってモチベーションも
下がりダブルフォールト、ミスを重ねてあっさり0-6で
1セットを落とす。

この時点で錦織の準決勝進出が決まった。結局 マレーは0-5から
ようやく1つゲームはキープしたものの全くいいところがなく
敗退した。

錦織の次の相手はおそらくNO.1ジョコヴィッチ。全米同様に
振り回して勝てるか? 鍵はやはりサービスの質。パリでは
故障?なのかサービスが打てずにあっさり負けたが
今の調子なら勝てそうな気配が。

楽しみです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック