マドリード 前年優勝のロジャーフェデラーを錦織が破る!

前年、優勝のロジャーフェデラー もちろんクレーもナダルほどではないが
強いわけで。 対する錦織もクレーシーズンになって調子が上がってきて
いましたが。

出だしはフェデラーのペース ポイントを落とさずにキープを続ける。
対する錦織も、サービスを散らしてロジャーのセカンドサービスへの
アタックをかわす展開。

3-3からのロジャーのサービスで初めて錦織がフォアの逆クロスで
ポイントを取るとリターンが決まりだしてこのゲームをブレークそのまま
サービスキープを続けて、あっさり6-4で取る。

2セット目に入るとさすがにロジャーもレベルを上げてきて錦織を圧倒して
6-1.ここは錦織がゲームを捨てて様子を見ていた節もありますが。

そして第三セット。

1-1から0-30と追い込まれたがこれを逆転してキープ。すると
次のゲームで30-40からワイドへのサービスを足元にリターン。
フェデラーがこれをミスして3-1 このあたりからはストロークでも
錦織が圧倒。4-1、4-2、5-2とリードを広げてロジャーのサービスを
リターンでも圧倒してミスを誘ってブレーク。ついにロジャーを破りました。

6-4, 1-6, 6-2

錦織はインタビューに答えて、”ロジャーは僕のアイドル。彼に勝つことが
自分のテニス人生での1つの目標だった。クレーコートは得意という
わけではないので、ここで勝てたのは驚きです。”と語った。

最終セットの6-2は彼に対してはそう簡単ではない。第三セットの
ロジャーのサービスは淡泊だったので攻めやすかった とも。

このあたりから察するに、ロジャーの腰の容体が重いのかもしれませんね。

ジョコヴィッチがディミトロフに敗れたのに続く アップセット 若い力の
台頭が目立つ2013年 世代交代が一気に進みそうな気配があります。

それをどう覆すのか、今後のロジャーのテニスにも関心が集まります。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック