楽 = Playの心

アクセスカウンタ

zoom RSS ロジャーフェデラー 快適に全米を勝ち上がり!

<<   作成日時 : 2012/09/02 15:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フェルナンド ヴェルダスコにもストレートで勝ってまだセットを落とさず ベスト16進出
12年連続。

体調も良さそうでショットには切れがある。最近のフェデラーはフォアでロングのミスが激減
決めのショットとリンクで打ち方を変えている。目立つのはバギーホイップ
ラファエルナダルの得意のショットだがインパクトの瞬間に高く振り上げる事で
強い回転がかかって多少高く打っても急激に落ちる。 マリアシャラポアも得意。でも打ちすぎると
彼女のように肩を痛めるリスクも。

このショットでショートクロス ワイドに追い出してジョコヴィッチの逆クロスを防いだり
結果的に自分のバックに打たせない、得意のフォアにショットがより多く来るようになり
ゲームのキープ率がかなり上がっている。

全米といえば、ジョコヴィッチに対してマッチポイントを2年連続取りながら落とした。
昨年は自分のサービスで簡単にフォアに浅く打って強烈なリターンを食らってそこからの
敗戦。本人はこれが悔しくて自分のプレーを変えてNo.1に返り咲いたと言っている。
プレーで劇的に変化しているのは、フォアのトップスピン、バギーホイップだと思っている。
ミスも減るし相手は振り回されるしどうしてもリターンのコースはロジャーのフォアしかない。

ダウンザラインに狙うのは、ここ一番しかないので、ショートクロスに打ち返すわけだが。
そこも足の早いロジャー。小細工も得意だし、空いているオープンスペースはがらがら。
対戦相手としては、このバギーホイップは相当嫌だし、ジョコヴィッチ、マレーがどう対策
してくるか見物。マレーは多少浅いとランニングでクロスにカウンターでものすごいフォアが
ありますが。 そういう意味ではジョコヴィッチよりもマレーの方がやりにくいかな。

とはいえ、サービスさえ要所に決まればショットの多彩さ、守備力など総合的には
もちろんロジャーがNo.1優勝候補であるのは間違いないでしょう。

クライシュテルスが引退しましたね。今度は本当かな。ロブソン戦も1セット目5−2から
逆転されて、彼女らしい自滅型の試合でした。性格が良すぎてエナンにだいぶやられましたが
ファンはキムの方が多いと思うし、印象に残る選手でした。子育てが終わればまたダブルスくらいは
出てきそうな気もします。お疲れ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロジャーフェデラー 快適に全米を勝ち上がり! 楽 = Playの心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる