シンシナティー No.1を賭けたロジャーとノールの一騎打ち

ATP男子テニスのランキングは過去1年間の獲得ポイントで争っているので
目先の大会で前年優勝していると、連覇しないかぎりポイントは下がる。

逆に、ウィンブルドンのロジャーのように前年が悪くての優勝だと
一気にポイントが上がり、ランクアップする。

昨年のシンシナティー、ジョコヴィッチはマレーに敗れたが2位
ロジャーは早々に敗退しているので ロジャーがセミファイナルまで
行くとNo.1はひっくり返らない。

そんな状況だが、さすがにロジャーは慎重な立ち上がり
初戦、ボゴモロフ ジュニアにストレート
次のオーストラリアの曲者 トミックにもストレートと順当です。

ロンドンの疲れも癒えているようで体調は良さそう。

体調と言えば、ラファエルナダルの全米欠場が決まった。
やはり膝は爆弾なのかな。打ち方と筋肉、体重とのバランスで
長期に渡っての一線での活躍は相当、無理があると言われながら
都度、復活してきているので、期待しましょう。やはりラファが
いないとテニス界は物足りない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック