サッカー男子 エジプトに3-0 完勝で44年ぶりの準決勝へ ナイスゲームでした!

マンチェスターユナイテッドの本拠地 オールドトラッフォード
大昔、45年くらい昔にテレビ東京のサッカー番組で
イングランドのサッカー中継でジョージベストとボビーチャールトンの
マンチェスターユナイテッド 赤い悪魔のスタジアムに今年は
香川だ入団して、さらに日本代表が試合をするとは
日本テレビで明石屋さんまが興奮して、意味のわからない
話をするのも同世代としては無理が無いなあと思いつつ。

最初から日本のリズムでディフェンスができて、穴が無いので
エジプトはパスは回るが攻め口がない。

13分過ぎに清武が相手のパスカット、その一歩目でGKとDFの間に
クロス、そこに永井が走りこんで、エジプトの2人がぶつかって
ボールに永井がフリー。がら空きのゴールに先取点。
しかし、背後からデカイ、エジプトのDFがシュート直後の
隙だらけの永井の左足の後ろ腿に膝蹴り。せっとぷれ^これで永井は退場に。

ちょっと痛い先取点だったが、ほぼ日本主導で前半が終わる。
エジプトは永井に代わった斉藤の決定的なチャンスにファウルで
レッドカード一発退場で10人に。
前半の守備のポイントはエジプトの右サイドからの攻撃だけ。
後半はそれも止まる。

リズムは日本のまま、後半32分、1トップに入った大津の右サイドの
ドリブルでもらったファウル。セットプレーから清武のゴール前への
低いセンタリングにキャプテン吉田が二アサイドでヘディングで
コースを変えて2点目。この直後 永井に怪我をさせたDF6番も
足を痛めて、交代3人枠を使い切っているエジプトは9人に。

その後DFもう1人も痛んで使える人数は8人に。

セットプレーからの流れで左サイドから扇原のセンタリングに
大津のヘディングがきれいに決まって3点目。

この後、斉藤、宇佐美の決定的なチャンスを逃したものの
完璧なゲーム展開 4試合無失点は強い!

準決勝は メキシコ、セネガルの勝者と。

今の攻守の切り替え、行くときと抑えるときのリズムの作り方は
代表でもなかなか見られない。相当強いチームに仕上がってます。

永井は途中出場で点を取りに行くシチュエーションまで
取っておいた方がいいかもしれない。

ここからはPK戦もありうるので、宇佐美などうまく交代先取を
うまく使って総力戦で決勝まで日本のファンタスティックな
試合を世界に見せてほしい!

ナイスゲーム!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック