あっという間にクレーシーズン

クレーといえば、ラファエルナダルが圧倒的に強い。

以前はかなり後ろから守り抜いて、浅くなったボールを
自在にストロークでエースを取って決めるパターンだったが
サービスも早くなりじょじょに前に出てきて攻撃的に
変化している。

今年もバルセロナで優勝してATPマスターズ史上初の20回目の
トロフィーを掲げた。そのナダル 同じ地元スペインの大会
マドリードで同僚 フェルナンドヴェルダスコに1-1の5-2から
2つもゲームをブレークされて14回目の対戦で初めての敗退。

この時期には珍しい敗戦になった。そのヴェルダスコあっさり
トーマスベルディヒに1-6,2-6で敗退。ヴェルディヒは
同じく長身のホワンマルティン デルポトロと準決勝で対戦する。

No.2ナダルの敗戦に続いてNO.1 ノヴァク ジョコヴィッチも
同僚ティプサレヴィッチに6-7,3-6でストレート負け。
昨年末のファイナルの予選 ラウンドロビンに続いての敗退。

勝ったティプサレヴィッチはロジャーフェデラーとダヴィドフェレールの
勝者と準決勝で対戦する。ATPのライブスコアでは6-4、6-4と
ロジャーが勝利。ロジャーはガスケにも58分で快勝して
調子を上げてきている。

タイトルではクレーシーズンと書いたがマドリード今年はオーストラリアの
ようなブルーのハードコート。年によって会場が違うらしい。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック