今年のATPレース

ちょうど パリで最終戦が行われていて
ロンドンのファイナル8名の残り3名が競っているところ。

今年は、色々ありましたねえ。

ノヴァクジョコヴィッチの覚醒は凄かった。負ける気配が
全くしない完璧なストローク。それを錦織が打ち勝ったのが
印象的。

さらに、USOPEN以降のアンディーマレーが輪をかけて
調子がいい。楽天オープンでラファエルナダルが0-6で
決勝を落とした、あの試合のマレーのストロークは
手が付けられない感じ。元来、身体能力が高いのに
イマイチ攻めきらない。相手のミスを誘うテニスだったが。
それではTOP3に勝てない、攻めなければとふんぎったのが
たぶんUSOPENだったのだろう。人が違うような印象。
楽天ではダブルスも見られたので、サービスから攻める
姿勢は好感が持てた。

ナダルもロジャーも今までと変わらないというか、進化は
しているが、ジョコヴィッチとマレーの変化の大きさが
圧倒した1年だと。

逆にそこから下が大変。錦織、ドルゴポロフ、怪我から
戻ってきた(また怪我?)のデルポトロあたりが伸び盛りで
ロディックの年代がたぶんかなり厳しい。

ロンドンのファイナルで マレー、ジョコヴィッチが勢いの
ままなのか? 室内で異様に強いロジャーがファイナルに
かける意気込みはかなりなので、その3人中心にはなるだろうが。

パリの熱戦も含めて目が離せない。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック