楽 = Playの心

アクセスカウンタ

zoom RSS 引退する気は全くない。 −優勝後のロジャーのインタビュー 

<<   作成日時 : 2010/11/29 12:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
ATPのサイトからの翻訳です。

”いつも通りに最初から最後まで1つのプランを信じてやった。
ロンドンのファイナルの最初のゲームのダヴィドフェレール戦と
同じように自分のやりたいプレーをやり続けることを。
今日も同じでした。2セット目を取られてもそれは
変わらないかった。今日の試合中ずっとポジティヴで
いられた。とても高いレベルだったと思う。これ以上の
プレーができるかわからないくらいに 今日のプレーに本当に喜んでいる。
ナダルがどんなプレーをするのかは興味があったが、攻撃的に
いられた。長い試合でエネルギーを消耗するだろうとは思っていたが
終わってとてもうれしい。”

ナダルのコメント
”ロジャーのプレーは信じられないレベルだった。最初のセットは
とんでもなかった。単純に彼の新たな偉大な勝利にお祝いを
言いたい。今日は最善は尽くしたがロジャーが私を
上回っていた。”

この日はさすがに最終日ということもあり毎日登場したマラドーナのほかに
 ローリングストーンズのロンウッドや俳優のケヴィンスペイシー、
ベアトリス王女 サッカー界からはフランスのティエリアンリ、
ロンドン市長のボリスジョンソンらが観戦していました。

またロジャーは1セット落としただけの完全優勝でしたので
オプションのポイントや賞金が増えて 1500ポイントと
インドアの大会では史上最高額となる163万ドルを5試合で稼いだことになります。

ロジャーが完全優勝するのは これで4回目でした。

http://www.atpworldtour.com/News/Tennis/2010/11/46/London-Sunday-Federer-Has-No-Plans-To-Retire.aspx

”引退する気は全くない。もっとプレーを楽しみたい。世界中を旅して
最高のプレーヤーたちと対戦して自分自身 練習してさらに
チャレンジしていきたいんだ

スゴイキャリアだと思っている。勝ち取った賞金額よりも
これらの代えがたい今日のような思い出の方が
ずっと大事なんだ

こういう形で終えられたことが実にうれしい。最終戦で
自分のベストのスタイルのテニスができた。
最後までそれが続けられたことがね。
2011年もまた偉大な年になると信じている。”

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
引退する気は全くない。 −優勝後のロジャーのインタビュー  楽 = Playの心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる