楽 = Playの心

アクセスカウンタ

zoom RSS アンディーマレー ラファエルナダルにストレート勝ち ロジャースカップ 準決勝

<<   作成日時 : 2010/08/15 06:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

No.4 アンディーマレーが6−3、6−4でNo.1ラファエルナダルに
ストレートで勝って トロントのロジャース マスターズ1000の
決勝に進んだ。

2セット目も早々にブレークして主導権を握ったアンディーマレーだったが
さすがにナダルも追いかけて2−3からブレークバック

しかし、4−4からのナダルのサービスをアンディーマレーが
ブレークし、最後も40−15からサービスをワイドつまり
ナダルのバック側に入れてオーバー

マレーのナダル対策はバックサイド つまりフォアハンドのショットを
緩めでも深くいれてストロークで主導権を握る。ここからクロスに
続ける あるいは フォアの逆クロスで走らせて体制を崩すという
展開。

ロジャーフェデラー相手だとこれをやられてもナダルはそれほど
下がらないのだがマレーのストロークのスピンがはねるため
バックハンドが窮屈そう。いいときのナダルはこれをストレートに
展開して反撃するのだが、この日はそれがイマイチ ハードコートは
そういう観点からは少しナダルには不利かもしれない。

一時期よりも上半身がスリムになって軽そうに見える。これなら膝への
負担も少ないのでは。全米オープンに勝てば生涯グランドスラム達成
なので このUSOPENシリーズは気合いが入っているようにみえる。

アンディーマレーは元々の身体能力の高さに加えてここのところ
メンタルが充実してきたように見える。ストロークの展開力
緩急の自在さではBEST4の中でも一つ上にいるマレー。サービスも良くて
ドロップショットなどの小技も効いて 優勝候補のNo.1に思える。

さて、ロジャーのできはどうだろうか。ジョコヴィッチ相手だと
ストロークで押される可能性があるので ネットに出てプレッシャーを
かけてサービスでポイントを稼ぎたいところ。

ジョコヴィッチはストロークで押し込みたいでしょうねえ。

久しぶりにこの二人の対決。フルセットでやはりタイブレークの
争いかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アンディーマレー ラファエルナダルにストレート勝ち ロジャースカップ 準決勝 楽 = Playの心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる