バックナンバー ロジャーフェデラー ナダル対策完成 マドリード2009年

ロジャーフェデラーのラファエルナダル対策はこちら
http://blog.roberto-system.jp/200902/article_2.html
http://blog.roberto-system.jp/200807/article_4.html

ラファエルナダルのロジャーフェデラー対策はこちら
http://blog.roberto-system.jp/200807/article_2.html


オーストラリアオープン決勝以来の二人の頂上対決

ロジャーフェデラーのラファエルナダル対策が完成した。

この日のロジャーフェデラーまずはサーヴィスのできが良く
基本ナダルのバックサイドに徹底的に集めてミスを誘う。
さらに効果的にワイド、センターに散らし始めて
的を絞らせない。セカンドサーヴィスで回り込みの逆を
ついてセンターにエースを決めたシーンが象徴的。

アドコートでワイドにキックサービスを浅いところで
ナダルがぎりぎり追いついたがリターンを軽くハーフバウンドで
当てて逆サイドへ。さすがのナダルも完全にコート外に
押し出されているので追う事ができない。

さらにフォアハンドのできも良かった。最近のフェデラーは
肝心のポイントでサイドに切れたり大きくアウトしたり
だったがこの日は良くボールを最後まで見ていて
さらに体重も乗っていた。クレーコート用の練習が
良かったのか膝も折れていて強烈なフォアがほぼラインを
捉えてナダルのリターンを許さない。

最後の武器はドロップショット。これまではバックハンドの
スライスがクロスに飛んでナダルのフォアに行くので
追いつかれると自由にクロス、ストレートを抜かれていたが
ついにナダルのバックサイドに2本。それも最初はフォア
2度目はバックハンドと完成度の高い回転のかかったネット
ぎりぎりに落ちるドロップショット。多少、足に故障がある
とはいえ全く触れない効果的なショット。これによりナダルは
下がりきれずに強烈なストロークにスピンがかけにくくなった。

1セット各1回のブレークを破り、逆に自分の4回のブレークの
ピンチはサーヴィスやナダルのバックサイドへのストロークで
しのいで 6-4、6-4の快勝だった。

ラファエルナダルは春のクレーシーズン全勝と連勝記録を
阻まれた。来週からいよいよローランギャロス。この二人を
中心に当然トーナメントは進むだろう。ドラマティックに
進むのであれば今年も二人の決勝になりロジャーがリベンジを
果たして14個目のグランドスラムと生涯グランドスラムの
達成を期待するのだが。

逆にラファエルナダルはこの敗戦を分析して、ロジャーフェデラーの
サーヴィスへのリターンやドロップショット対策をしてくることだろう。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2009年05月18日 10:58
こんにちは☆

ロジャーやりましたね!!!
ホントうれしいです♪

今回は、誰でもわかるくらいいつもと戦略を変えて臨み、それが見事に勝利に結びついた感じで、ホント良かったです。

実は、決勝にいけて喜んでいましたが、さすがに地元でクレーのナダルには・・・と思っていましたが、ごめんなさいっ!ってくらいいいプレイをしてくれましたよね☆

この調子と勢いのまま、ローランギャロスでも素敵なプレーを見せていただきたいです。

頑張れ!生涯グランドスラム達成!!
2009年05月18日 12:42
本当に久しぶりに快調で1試合終わったロジャーを見た気がしました。ところどころ良くてもトータルでは波があったのですが。ロディック戦あたりから楽しんでやっている雰囲気が伝わりました。やはり体調ですかね。フレンチが楽しみです。

この記事へのトラックバック