ロジャーフェデラーのラファエルナダル対策2009

全豪のファイナルで敗れてしまったもののロジャーフェデラーは
かなりラファエルナダルへの対策を練り、訓練と積んできたように
見受けた。気がついた点をメモします。

左利きであるナダルの最大の武器の1つはアドコートでサーバーから
見て右に大きくはねていくスライスサービス。これが決まらなくても
レシーバーはかなりワイドに振られるのでコートはガラガラ。
肝心なポイントでは多くの左利きの選手はこのサービスで
ポイントを取る。ナダルも常にこのサービスを駆使して昨年の
錦織のクイーンズとの3セット目もこれで差をつけていった。

今回ロジャーは読みも良かったと思うが、あまり下がらず
高いところでスライスで深くリターンして時間も稼ぎ
ナダルのサービスを食い止めていた。ほとんどこの
サービスは決まらなかったと思う。

二つ目は前回も書きましたがバックハンドのストロークを
以前までのスライス中心からドライブに変えました。
スライスは切れて滑っている間は良いのですが
浅くなり浮いてしまうとナダルのショートクロスへの
決めのショットにつながるためリスクが大きい。
これを避けるためにライジングでドライブ系の伸びる
ボールにしてナダルが角度をつけて決めに来るショットを
打たせないように工夫していました。これもかなり
良かったと思います。

もう1つはこのドライブのストロークを少し遅いボールにして
カウンターを避けたことです。これはジョコビッチ、マレーが
ロジャー対策としてしていることですが展開が早くなって
フォアにボールが行ってしまうとエースが増える。これを
避けるために緩めにしてパワーが乗りにくくボールが
遅くなるように仕掛けていました。これもナダルの
カウンターが少なかった要因でしょう。

最後は深めのナダルのバックへのスライスです。
多少、足の故障があったのか膝を曲げるのが
いやそうで珍しくミスを連発していました。

ここまで対策していてチャンスもたくさんあったのに
勝てなかった。なので泣いてしまったのかなあと
思いますが。敗因はやはり予想で書いたように
サービスの質が悪かった。原因はもちろんメンタルで
悪い時のロジャーはどうしても打ち急ぐ。体重が
ちゃんと載らないのでスイング自体は早く見えるのですが
実際に地面に落ちてからの伸びが少なく、コントロールも
もちろんつかない。珍しくダブルフォールトを肝心な
ところで連発してましたが、それも同じでした。

本人は良くわかっているでしょうから、これが改善されれば
フレンチでも勝てる可能性は見出せたのでは?
少なくともこの試合は他の選手も見てきているので
全員がこういったナダル対策をしてNo.1の座を
狙いに来るわけで。バックハンドが打ち負けない
ジョコビッチ、マレー、シモン、ツォンガあたりは
かなりの収穫を得たゲームだったのでは。

ナダル自体がロジャーへの対策はそれほど変化は
見られませんでした。特に今のところは勝てているわけですから
変える必要がないということでしょうけれど。
そろそろ考えるべき時期が来ているような気がします。

ロジャーのあの涙はそれだけ悔しかった。それだけ勝利が
目前だったという結果のように見えました。そういう意味で
今年のロジャーには期待しています。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

あゆみ
2009年02月03日 15:12
全豪中にこちらのブログを初めて拝見させいただき始めました。
今回は準決勝も調子がよさそうに見れていたので、決勝負けてしまったのがとても残念です。
またテニス初心者の私にとっては、大のロジャーファンでの見方では整理のつかない部分を細かく解説、分析していただけて、とてもよかったです。
自分だけでは心の整理がつかなかったのですが、これからの明るい材料が見れて、これからも応援を頑張っていこうと思います。

色んな目線でのコメントをこれからも期待しています☆色々勉強させていただきます♪
2009年02月03日 18:15
こちらこそコメントありがとうございます。これからも気がついたポイントについて掘り下げられればと思っています。ロジャーフェデラーが史上最高のプレーヤーであることは現役のプロの選手のほとんどがそう評価していることからもわかります。ただ勝負は別の要因もありますからね。ここまで13回優勝して4年以上もNo.1を続けてきただけでも十分と言えなくもないですが。ファンとしてはまだまだ優勝を見たいですよね。今年は体調もかなり良さそうですので引き続き応援しましょう。

この記事へのトラックバック