ロジャーフェデラーのラファエルナダル対策

ロジャーフェデラーが唯一といっていいほど苦手にしているラファエルナダル。
当然ロジャーフェデラーもいろいろと対策を立てて対抗している。

代表的なものとして、まあ当り前の対策ですが
左利きの弱点 特に両手のバックハンドの選手への
ワイドに切れるスライスサービス。デュースサイドで有効です。

準決勝サフィン戦で相当簡単に決まっていたので、これを中心に
組み立てるのかと思ったのだが 風のせいか思ったより少なかった。

これがあれば多少角度が足りなくてもワイドに追い出せるので
リターンが厳しくてもオープンコートで仕留めやすくなる。
またナダルの意識がそこにいけばセンターのサービスも生きてくる。

ラファエルナダルのアドコートのスライスをロジャーフェデラーが
苦労するのと同じ理屈。このサービスへの対応もステップでカバーして
スライスでクロスやストレートに深く返球できていました。

それからストロークではバックハンドに攻められたのをストレートに
リターンしてナダルのバックを攻める。これも3セット目以降は
できていました。なかなかスピンの効いたはねるクロスの左利きの
ストロークを体から離れていくのに角度を合わせて返すのは
技術がいりますが、さすがフェデラー普通に返球していました。

試合の前半はどうしても不安なのかセンターから右に寄ってしまい
ナダルが回りこんでフォアで対応して有利な展開になっていました。

昨年まではナダルは下がり気味でしたのでスライスが結構
有効だったのですが、少し前に来てライジング気味に返球
するようになりミスも減っていました。

おそらく前半の展開はロジャーフェデラーが心理面で
圧されていて若干守り気味(ホントに若干ですが)の
ためにフォアハンドの回り込みができずにストロークで
押されたためと思います。

無理やりでもフォアに回り込んで逆クロスを決め始めて
ほぼ互角の展開になっていたと思います。

ネットプレーですが、ロジャーフェデラーはストローカーに
対して積極的にネットを取ります。たとえばダヴィデンコや
フェレール。これをすることによりストローカーはボールを
沈める必要があってボールが浅くなります。出ると見せて
ステイして浅くなったボールをコーナーに決める。深く打っていると
ネットでボレーを決められる。相手の思ってもいないタイミングで
ネットに出るのはかなり効果が高く、混乱して負ける選手が
多いです。

ところがラファエルナダルのスピンはボレーを
コントロールしにくい重さと速さがあってかなりボレーが
上達したフェデラーですが、まだもう少しというところでした。

なかなか左利きであそこまでのスピンを打ってくる練習相手も
いないので結局対戦ごとに埋めていくしかないようです。

ドロップショットも使っていましたがナダルの足が速いのと
切り返すタッチもスマッシュも上手なので、1度ロブが
決まったくらいで試合の流れを決定づけるまでには
なりませんでしたね。

終盤のプレーを見る限りではお互いに相手に慣れてきていて
それほどの差は感じませんでした。サービスの決まりやすい
早いコートではロジェーフェデラーが有利で、それ以外は
ラファエルナダルが有利。ここから差を詰めて逆転するには
ロジャーはサービスとボレーの精度だと思います。まだうまくなる
素地はありますしモチベーションはあると期待しています。

USオープンはコートが早くてロジャーフェデラーが有利なので
連覇に期待したいと思います。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック